月別アーカイブ: 2019年3月

ピンからキリまで存在するライセンス

オンラインカジノが急速に人気を高めていることをご存知でしょうか?
何時でも何処でも、自分がトライしたい時に自由なタイミングを選んで、ネットのカジノにエントリーできる気軽なギャンブルとして、若い人を中心に評判がいいのです。
インターネットを介してパソコンやスマートフォン、タブレットを使ってできるネット型のギャンブルという点が、ネット世代に受けています。

また、違法性を心配する向きもあるのですが、オンラインカジノは海外アクセスで国外でのオンライン決済であることから、日本国内でプレイしても賭博罪になる心配はほとんどありません。
しかし、オンラインカジノは、急速に伸びていることから、世界中に2,000サイト以上も公開されており、中には悪質な詐欺的なサイトも存在しています。
そんなサイトに引っ掛かってしまい、お金を騙し取られるプレイヤーも少なくありません。

典型的はトラブルケースは、入金後のベットやプレイができないという詐欺の事例です。
このような危ないオンラインカジノを当たらず、セーフティー管理が行き届いている優良サイトを選ぶためには、運営の許可ライセンスをカジノ合法国から受けているかを確認することが、とても重要なのです。

ライセンスの信頼性が異なるという現実

オンラインカジノは、サーバーを設置した国でライセンスを取得・運営することになります。

ただ、怖いことにライセンス発行の審査基準が、国によって全く異なっており統一されていません。
ひどい審査をする信頼性の低い国では発行が前提で、手数料を払うだけでもライセンスが発行されてしまいます。
これが悪質なカジノの作り出す原因となるのですが、何故、このようなことが起こるでしょうか?

こんな体たらくの管理体制の発行国が、怪しいカジノ胴元を増やしているのです。
これが、ライセンス発行国の信頼のキャップ感につながっているのです。

審査基準の甘い国の本音

こんなルールもなさそうないい加減な発行国の行為の背景には、その国の経済的な思惑から、新たな税収源を作りたいという狙いがあります。

新しくカジノを誘致することで税収メリットが発生し、ライセンス発行の審査基準を甘くすることで、多くのカジノを誘致できます。
その結果、その国でのライセンス料やゲーム税などの税収が増えることになります。

オンラインなので、プレイヤーは世界中から集まるメリットも無視できません。
カジノライセンスの健全性が低い国は、南米エリアに集中しており、ベリーズ、コスタリカ、パナマが挙げられます。
これらの国のライセンスは注意が必要ですが、できるだけ早急に審査基準の標準化が望まれるところです。

一方で、イギリスを始めとする欧米諸国の審査基準はとても厳しく、それらの国で発行されたライセンスを持つオンラインカジノは、健全性が担保されており、公平な運営が行われています。
イギリスを中心として、その領地国である自治領も多く、オーストラリア、アンティグアバーブーダ、ジブラルタル、マン島政府、マルタ共和国、オルダニー、キュラソー、フィリピンのカガヤン州があります。
これらのカジノライセンスは、取得の審査が厳しく、信頼性と健全性が高いので、運営管理もしっかりしています。

外部監査期間の公平的な評価も必要か?

優良なオンラインカジノでは、常に客観的な立場で信頼性と公平性を保とうとしています。
その評価は、カジノ独自の豪快データではなく、外部監査機関である第三者的な監査機関で評価するデータを使っています。
この評価がとても客観的な判断に基づいているために、重要な評価材料となっています。
第三者機関が、オンラインカジノを監査した結果、オフィシャルな評価の指標となっているのです。

オンラインカジノ独自で公表しているデータには、ペイアウト率やハウスエッジ(控除率)の数値があります。
しかし、どんなに客観性を保つにしても、あくまでカジノの独自の発表データに留まります。
これだけでは、カジノの信頼性を判断することは、難しいも思うプレイヤーもいます。

健全なオンラインカジノは、信頼性を高めるために、高い費用を負担してでも第三者機関の監査を受けています。
有名なオンラインカジノを選ぶ時には、ライセンスの有無はもちろんのこと、外部機関の監査を受けているどうかも、大きな判断材料となるわけです。

日本では評価や見極めが難しいことも

しかし、日本ではオンラインカジノを選ぶ時、監査機関の審査の有無だけで評価するするのが、難しいことがあります。

第三者監査機関に監査を頼むには、経営的に潤っているオンラインカジノになってきますが、日本ではオンラインカジノが、正式に合法化されていないことから、海外よりオンラインカジノの市場が小さいままです。
そのため、第三者機関を頼めるような大きなオンラインカジノの日本参入が遅れていることが、監査機関のデータの少なさを物語っています。

今でも日本語対応や日本人向けのヘルプデスクなどが用意されているオンラインカジノは、増えているものの、まだまだ限られています。
このようなことから、日本での信頼のあるオンラインカジノを選ぶには、選択肢が少ないのが実情です。

口コミも信頼性ができるか?

インターネットでは、新しいサイトの評価に口コミが使われることが少なくありません。
オンラインカジノの選択でも1つの手段ですが、それも限界があることを認識しておかなければならないでしょう。
プレイヤーの口コミや評判も、それなり重要な判断材料となるケースもありますが、ネットに書かれていることは、すべて受け入れないことも必要でしょう。

第三者監査機関のような客観的な分析や判断も必要だということです。