月別アーカイブ: 2019年8月

クレジット入金を行う場合の注意点

オンラインカジノで使えるクレジットカード

オンラインカジノで使えるクレジットカード

オンラインカジノの入金手段であるクレジットカードは大変便利な入金手段の一つとなっています。
クレジットカードは、非常に使いやすく、そしてショッピング感覚で敷居が低いのがメリットです。
そこで、オンラインカジノで入出金手段として使えるところが増えているクレジットカードについて具体的にみていきましょう。

オンラインカジノにおけるクレジットカード

クレジットカードを使ったオンラインカジノ入金(チップ購入)が出来ることをご存知でしょうか。
オンラインカジノへ入金をする際、一番早くて便利だと言われているのが実はこの「クレジットカード」を使った入金方法です。

クレジットカードが利用できるオンラインカジノは限られていますし、全てのオンラインカジノで使えるというわけではありません。
しかし、クレジットカードが使えた場合、専用のアカウントや口座を作らなくても、手持ちのクレジットカードで今すぐカジノ口座へ入金することができるのでとても便利に使えます。

クレジットカードで入金するということは、カードでショッピングをするのと同じような感覚で使えます。
なので、敷居が低く、オンラインカジノをこれから始めたいという方におすすめです。

クレジットカード入金の具体的な特徴

クレジットカード入金の具体的な特徴

オンラインカジノの入金手段としてのクレジットカードなんですが、専用の口座がなくても、クレジットカードを利用することによって、瞬時に円をドルに替えてカジノに入金することができるのが特徴となっています。
両替をするためには時間がかかってしまうことがあるのですが、カードならそれを考えることがありません。

また、オンラインカジノから入金した資金は、カジノの入出金をしている会社から、後日クレジットカードに請求されるという流れになります。
クレジットかードで使えるものですが、VISAやJCBが使いやすくなっていますが、最近ではマスターカードや、ダイナーズも使えるところも増えてきています。

使える会社とそうでないところがありますので、複数枚用意しておくことが望ましいと言えるでしょう。

クレジットカードを使うメリット

オンラインカジノでクレジットカードを使うメリットは、とても手軽でアカウントの作成が必要がなく、気軽に始めることが出来るという点です。

時間もかからず大変スピーディーで手数料もかからないのもメリットです。
更にはドルへと両替することも出来て、その点が大きなメリットです。
何よりも使えるカジノも増えてきていますので、大手のカジノで遊びたい場合も対応をしていることが多いです。

クレジットカードなら、アカウントの作成の必要がないので、これから長くオンラインカジノで遊ぶかどうかわからないという方にはカードがおすすめです。

クレジットカードでの決済のデメリット

クレジットカードでの決済のデメリットですが、オンラインカジノでも、カードの制約によって使えないことがあります。
これはギャンブルにおいて、カード会社が使用を禁止しているケースが当てはまります。

クレジットカードでの決済のデメリット

使えなかったときはどうするのかということなのですが、同じクレジットカードでも、発行している会社や時期によって、利用できるもの・できないものがありますので、そんなときは別のクレジットカードを試す事が必要となります。
その為、カードがはねられてしまうことを前提に、複数枚用意しておく必要があるのです。

また、クレジットカードは入金のみに対応をしていますので、出金をすることが出来ません。
よって、カードで入金をして出金をしたい場合には、別の出金手段を考える必要があります。

出金方法ですが、主に電子決済サービスの一つである、エコペイズなどが望ましいです。
エコペイズを利用すれば、出金も出来ますし、また別のカジノでも使えます。
長く遊ぶなら、エコペイズなどのアカウントを作成しておくことが良いでしょう。
クレジットカードもこのように万能ではないので、注意をしましょう。

出金対応をしているオンラインカジノも存在する

オンラインカジノの中には、クレジットカードの方へ、出金対応を行っているところもあります。
これは、返金のチャージバックという形で、出金という形で、払い戻しをしています。

しかし、これはクレジットカードで支払った金額と場合によっては差額が大きくなりすぎてしまうので、カード会社に不審に思われてしまい、カードが停止させられてしまうリスクがあります。
やはり出金については別の方法を考えたほうが望ましいと言えるでしょう。

小切手などでの払い戻しは?

出金の方法として、以前までは小切手が使用されてきました。
しかし、手数料が非常に高いのと、日数がかかるということで、今は推奨されていません。
エコペイズなどを利用することが望ましいでしょう。